2007年09月30日

恋愛に命かけられる?

愛には命をかけられる。

これは、 子供を持って初めてわかった。
子供のためになら、命は投げ出せる 

それがなのだ!!


恋愛・・・・恋には命がかけられるのだろうか?

百人一首のなかから こんな歌を とりあげてみた。


侘びむれば 今はた同じ 難波なる

身をつくしても 逢はむとぞ思ふ


これは、当代随一のプレイボーイとして名を残す
「元良親王」の詩です。

苦悩の底に思い沈んでいるのです。
今となってはもう同じことなのですが・・・・
色好みと言われる私ですが、ほんとうは、相手は変われど、
常に 命をかけても真実の愛を求めてやまないのです。


これが、おおかたの訳です。
つまり、命がけで 愛しているというのです。

私から考えると なんと勝手な詩ですが、
いつの時代も このような恋愛ポエムに 心動かされてしまうんですよね・・・・はぁ。


それにひきかえ、


難波江の 蘆のかり寝の ひとよゆゑ

みをつくしてや 恋わたるべき


皇嘉門院別当という、女の人の歌です。

難波の入り江の 葦の刈根のたった一節のような、一夜限りの短い契り(契り・・・意味わかりますよね)のために、
これから、身をつくして、命がけで、一生あなたを恋い続けなくてはならないのでしょうか。
の意味です。

彼女は女流歌人だったので、 これリアルとは言えませんが・・
辛いですよね。

ただ一度逢うために 命をかけられるのか?
私は 無理かも・・・・・

しかも、今は女性の方が、男性よりもっとシビアかもしれませんね。



君がため 惜しからざりし命さへ

ながくもがなと 思ひけるかな
        藤原 義孝

今までは、いつ死んでもよいと思っていたこの命ですが、
あなたを知ってからは
長く長くあってほしいとさえ思うようになってしまいました。


う〜んふらふら なんか、恋愛ポエム的には 劇的とは言えないかもしれないし、
「愛するがゆえに死がある。」
なんてドラマティックじゃないかもしれないけど、

今は こういうのが 実は好まれるのかも・・・・黒ハート

ものすごい 生命保険に入ってない限り 
やっぱ「亭主元気で留守がいい!!」なのでは・・・あせあせ(飛び散る汗)

男の人 ちょっと、さみしいかな・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 恋愛ポエム at 15:22| 恋愛ポエム